相模原市で火災保険を利用したリフォームのことなら住まいる隊におまかせ!

火災保険の適用範囲で上手にリフォーム

マイホームの購入や賃貸マンションの契約をした際に加入する火災保険。火災保険に加入していれば、実質負担ゼロで家屋のリフォームができ、お釣りがくることもあるのです。

何気なく加入している火災保険ですが、どんなときに使用するのでしょうか。

ここでは、相模原市での火災保険を使ったリフォーム実績を交え、火災保険の使用例と適用範囲、申請手順について詳しく紹介していきます。

住宅を上手にリフォーム

火災保険の使用例、適用範囲

名称は火災保険ですが、適用範囲は多岐に渡ります。

過去の使用例では、次のようなものがあります。

  • 台風や竜巻による飛来物でカーポートが破損
  • 集中豪雨や土砂災害による浸水
  • 落雷や雹による屋根の破損

このように、自然災害のほとんどを火災保険でカバーできるのです。ただし、地震、火山の噴火、津波による損害は地震保険の適用範囲となります。

地震保険の単独加入はできず、原則として火災保険とセットでの加入が必要です。

火災保険の適応範囲など

火災保険の申請手順

個人でも火災保険の申請は可能ですが、手続きが煩雑であるため、申請代行を使うのが一般的です。

依頼・現地調査

ご依頼をいただき、現地の状態をしっかり調査します。プロのスタッフが隅々まで建物をチェックしますので、見落とす心配はございません。

見積もり

保険会社に請求する金額の見積もりを出します。住まいる隊では最高支給額2000万円の実績もあります。

書類作成

保険会社に提出する書類を作成します。不備があると、やり直しや支給額の減額もあるため、慎重な対応が必要です。書類作成のサポートも住まいる隊にお任せいただくことをおすすめします。

保険会社立ち合い、保険金支給

保険会社立合いのもと、査定が行われます。

通常、保険金の支給まで2、3ヶ月かかることもある火災保険ですが、住まいる隊では最短3週間での支給が可能です。

調査でしっかり下調べ

相模原市で火災保険を使って家屋をリフォームする

相模原市で火災保険を使用してリフォームするなら、住まいる隊におまかせください!

ご相談、お問い合わせはお問い合わせ専用ページからお気軽にどうぞ!

住まいる隊 火災保険

逗子市で火災保険を利用したリフォームのことなら住まいる隊におまかせ!

火災保険を利用したら手元資金を使わずにリフォームできる

いつ起こるかわからない自然災害に対して資金を蓄えている人はなかなか少ないのではないでしょうか。しかし、火災保険に加入していれば、手元の資金がなくても問題ありません。

火災保険では、自然災害で被った家屋の損害を補填でき、中には損害を補填してもお釣りがくるように、上手に活用している人もいるのです。

ここでは、逗子市でのリフォーム実績を交えて、火災保険の適用範囲と申請の流れをご紹介します。

リフォームに火災保険を適応させたい

こんなときは火災保険を使いましょう

実は適用範囲が広い火災保険は、以下のような事例にも適応できるのです。

  • 台風による飛来物で家屋を損傷
  • 落雷による屋根の破損
  • 豪雨による雨漏り
  • 積雪による雨樋の破損
  • 雹による外壁破損

また、上記以外でも自然災害で家屋に損害を被ったときは、火災保険を利用することをおすすめします。

もし、ご自身で判断が難しい場合は、住まいる隊にご相談ください。

台風日よる被害で火災保険を適応

火災保険申請の流れ

火災保険申請の流れを確認してみましょう。

  1. 損害を被った現地の調査、撮影
  2. 見積もり
  3. 必要書類の作成
  4. 保険会社の立ち合い
  5. 審査
  6. 保険金支給

もちろん個人で申請することも可能ですが、必要とする書類の数も多く、不備があればやり直しとなります。書類自体もややこしく、慣れない作業に悪戦苦闘する人も多いので、申請代行を利用するのが一般的です。

火災保険適応のための手続き

住まいる隊の火災保険申請代行のメリット

最短3週間で着金が可能

住まいる隊では火災保険申請のプロが対応いたしますので、着金までがスムーズ。最短3週間で手元に保険料が支払われることも可能です。

少しの被害でも高額給付

高額給付がされるように、多くの事例を経験したスタッフが隅々まで建物をチェックします。少しの被害でも100万円以上の保険金給付の実績もございます。ちなみに今までの最高給付額は2000万円となりますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

保険金不支給なら費用負担なし

住まいる隊では、保険金が支給されてから、初めて成功報酬をいただいています。現地調査、見積もり、書類作成はもちろん無料。
保険金が支給されなかった場合、お客様の負担はありませんので、安心してご利用いただけます。

逗子市で火災保険を使ってリフォームする

逗子市火災保険を使用してリフォームをするなら、住まいる隊におまかせください。

ご相談、お問い合わせはお問い合わせ専用ページからお気軽にどうぞ!

住まいる隊 火災保険

君津市で火災保険を利用したリフォームのことなら住まいる隊におまかせ!

自然災害の被害は火災保険で0円リフォーム

私たちに安心と安全を提供してくれる家屋ですが、家屋は一度建てれば万能というわけではありません。

自然災害の発生でダメージを負うこともあるため、修繕費用がかかることもあります。しかし、火災保険に加入していれば、自然災害の被害を負担せず補填できます。

ここでは、君津市での火災保険を利用したリフォーム実績を交えて、火災保険の適用範囲と火災保の険申請代行を利用するメリットをご紹介します。

火災だけじゃない!火災保険の適用範囲

「火災保険」という名称となっていますが、適用範囲は火災だけではなく、雹、台風、落雷、豪雨、雪などの被害にも対応しています。

ご自身で適用範囲の判断が難しい場合は、一度住まいる隊にご相談いただくことをおすすめします。

自然災害で火災保険を適応させる

火災保険の特長

保険料は定額で災害のたびに何度でも使用できる

火災保険は等級制ではありませんので、何度使用しても保険料は一定です。そのため、火災保険が利用できる時はしっかり利用する方がお得なのです。

また、災害が発生し、被災箇所が増えるたびに何度でも使用可能ですので、少しの破損でも火災保険は使ってしまうことをおすすめします。

保険金が支払われるケースが多数ある

どんなに小さな被害であっても、火災保険を使用すると保険金が支給されることがありますので、被害が目に見えない場合でも、一度住まいる隊にご相談いただくことをおすすめします。

保険料が支払われるケース

住まいる隊に火災保険の申請代行を依頼するメリット

金銭的な負担がない

住まいる隊は完全成果報酬主義。支給された保険金の中から成功報酬をいただいております。もしも保険金が支給されなければ、お客様から報酬をいただくことはありませんのでご安心ください。

時間を有効活用できる

火災保険の申請代行を利用することで、煩わしい書類の作成や被害の調査、見積もりから解放されます。面倒な作業は全て住まいる隊にお任せください。

いつでも対応可能

自然災害はいつ発生するかわかりません。お客様が困らないよう、住まいる隊では年中無休、24時間対応しています。電話、LINE、メールと3つの方法でお問い合わせが可能です。

君津市で火災保険を使って家屋をリフォームする

君津市で火災保険を使用してリフォームするなら、住まいる隊におまかせください!

ご相談、お問い合わせはお問い合わせ専用ページからお気軽にどうぞ!

住まいる隊 火災保険

火災保険申請相談なら住まいる隊におまかせください!

お家を購入するときや賃貸で借りるときに加入する火災保険。自然災害で受けた屋根や外壁の修理などを補償してくれる保険であるため、予期せぬトラブルに役立つ心強い味方です。ただし、火災保険を使うには、いくつか条件もありますので、適用できるかどうかを確認する必要があります。

 

本記事では、火災保険の特徴や補償される被害範囲、適応事例などについて詳しくご紹介していきます。また、後半には、火災保険料給付の流れや必要なものもご紹介していますので、この機会にぜひ頭に入れておいてください。

 

火災保険とは

火災保険

持ち家であっても賃貸であっても、基本的に加入することが当たり前とされている火災保険。住宅ローンの借入時や賃貸契約の際には加入が必須となるところも多く存在します。

 

火災保険は、火災で被害を受けた場合のみ適用されるようなイメージがあるかもしれませんが、実は以下の被害にも対応しています。

 

  • 火災・・・自宅からの火災・近隣からの延焼
  • 落雷・・・落雷による被災や火災
  • 爆発/破裂・・・ガス漏れなどが原因の爆発・破裂・火災
  • 風災・・・暴風や強風・飛来物の被害
  • 雹災・・・雹による被害
  • 雪災・・・積雪や雪崩などの被害
  • 水災・・・床上浸水や洪水・豪雨や土砂崩れによる被害

 

このように、火災保険は日常生活を送る上で起こりうる自然災害のほとんどをカバーしてくれているのがわかります。また、保険会社によっては、建物だけでなく家財の補償をしてくれることもあります。

 

さすがに落雷や爆発/破裂などは滅多に起こることはありませんが、台風や積雪などの被害は、地域によっては頻繁に警戒しなければいけない自然災害とも考えられます。近年は集中豪雨も増えてきているため、水災もカバーしているのはありがたいところではないでしょうか。

 

「地震保険」とどう違うの?

地震

一見万能な保険のように見える火災保険ですが、実は地震による被害には対応していません。そのため、地震被害の補償を受ける際は、地震保険に加入する必要があります。

 

地震保険は「 地震や噴火、これらを原因とした津波によって発生した火災や損壊、埋没、流出での建物や家財の損害」を補償してくれます。

 

地震保険の多くは、火災保険のオプションとして設定され、加入は任意とされていますが、地震大国でもある日本で、住宅ローンを利用して新築を建てる際や、津波被害が想定される地域に住む際には、加入するのは必須とも考えられます。

 

火災保険で補償される被害範囲

ここでは、火災保険で使われることが多い風災・水災・雪災の被害範囲についてご紹介していきます。

 

風災

風災

風災は、台風や竜巻、暴風など、強い風についての被害を受けることをいいます。家屋の屋根はもちろん強風を想定して作られてはいますが、想定を超える暴風や屋根の経年劣化により、瓦や屋根材が飛ばされることも少なくありません。

 

特に近年は大型の台風が増え、風災事態も年々増加しています。実際に風災の被害を受けた人からのご相談には、以下のようなものがあります。

 

  • 台風により屋根瓦が飛ばされて雨漏りが発生した
  • 強風で飛んできた看板が外壁に衝突し穴が空いた
  • 暴風で雨樋が飛ばされてしまった

 

水災

水災

水害は、台風や暴風雨、集中豪雨による洪水や土砂崩れ、高潮などによる被害のことをいいます。近年は集中豪雨が多く、特に都市部において排水処理が追いつかず、マンホールや側溝から水があふれる水害被害も増えてきています。

 

水害被害には、以下のようなものがあります。

 

  • 台風で近くの川が氾濫して床上浸水した
  • 隣の山の土砂が崩れて外壁に穴が空いた
  • 集中豪雨で雨漏りが起こり家財が水浸しになった

 

雪災

雪災

雪災は、雪による被害をいい、多くの場合は雪の重量による被災となります。一見すると雪による被害は大きくないようにも思うかもしれませんが、雪が降り積もると、かなりの重さがかかります。

 

例えば、1㎡に1cmの雪が積もると、約3キロ程の重さが増します。そのため、50㎡の屋根に10センチの雪が積もると、約1500キロもの重さが屋根にかかることになります。積雪の被害には、以下のようなものがあります。

 

  • 雪の重みで柱の支柱が曲がった
  • 屋根の軒先が歪んでしまった
  • カーポートの屋根がひび割れてしまった

 

火災保険を適用できる事例

自然災害

火災保険が使われる代表的な被害は、次のようなものがあります。

 

  1. 屋根の破損
  2. 雨どいの破損
  3. 外壁の破損
  4. 室内の雨漏り

 

それぞれどのような被害があるのか、詳しく見ていきましょう。

 

1.屋根の破損

屋根

屋根の被害で特に多いのが屋根瓦の被害です。ストレート屋根や金属屋根であれば、釘でしっかり固定されていますが、屋根瓦は木材に引っ掛けて固定していることが多く、風の影響を受けやすいのです。

 

そのため、瓦のズレやめくれ、飛散するなどが起こりやすくなります。屋根瓦の修復は、瓦自体に割れや欠けが無ければ、そのまま並べ直すことができますが、使用不可のものは、代わりに新しい瓦が必要になります。

 

また、ストレート屋根は、その薄さゆえに割れたり飛ばされることもあります。瓦よりも風の被害に強い特徴がありますが、集中的に風の被害を受けると、簡単に剥がれてしまうこともあります。それ以外にも、棟板金や屋根材の剥がれ被害があります。

 

2.雨どいの破損

雨どい

屋根から流れ落ちた雨水をキャッチし、外壁を濡らすことなく排水する雨どいは、家を長持ちさせるための重要な部品となります。

 

しかし、雨どいは構造上、風の影響を受けやすく、つなぎ目の破損やひび割れ、軒樋(のきどい)の傾き、集水器や竪樋(たてどい)の外れなどが起こります。雨どいの修理は、雨どい自体を交換したり、金具を新しいものに交換する必要があります。

 

3.外壁の破損

外壁

外壁の破損は、強風や台風によって飛んできたものが、外壁に激突してヒビが入ったり穴が空いたりする事例がもっとも多いと考えられます。

 

また、積雪によって外壁の一方向に集中して力がかかることで亀裂が入ることもあります。ほかにも、タイル状の外壁であれば、強風で剥がれてしまうこともあります。

 

4.室内の雨漏り

雨漏り

外壁に雨がぶつかったり、強風で瓦や屋根材が飛ばされたりしたところから雨が入り、室内で雨漏りをする事例があります。また、棟や板金部分から雨が集中して入り、長期間放置すると屋根裏がカビで侵食されることも珍しくありません。

 

火災保険が適応されないケースも知っておきましょう

ここまで、火災保険が適応されるケースについてご紹介しましたが、反対に、火災保険が適応されないケースについてもご紹介します。

 

基本的に火災保険は、自然災害の直接被害を受けた場合に限り適応される保険ですので、

 

  • 新築時の初期不良
  • 経年劣化が原因の不良
  • リフォーム工事時の不良

 

の場合は補償されません。

 

まず、当然ながら新築時の初期不良に関しての雨漏りや破損は火災保険で補償されません。ただし、新築から10年以内であれば建設会社に連絡すれば初期不良として無償で修理してもらえますので、あくまで火災保険で直すのではなく、新築の保証で修理すると考えておきましょう。

 

また、家屋は時間と共に劣化していきますので、経年劣化による雨漏りや破損は補償されません。ですので、定期的なメンテナンスを怠ったことが原因と考えられる被害については、経年劣化と診断され、補償してもらえないことがあります。

 

ほかにも、屋根や外壁の塗り替えなどのリフォーム工事をした際に、誤って屋根瓦を割ってしまったり、工事ミスが原因によって雨漏りが発生することもありますが、この場合は自然災害ではなく人災になりますので、火災保険は適応できません。

 

ただし、この場合は業者が保険に加入しいているケースがほとんどですので、無償で直してくれる可能性が高いとも考えられます。

 

火災保険を利用すると保険料はどれくらい下りるの?

保険料

火災保険では、損害額が20万円以上の場合に保障されるタイプあらかじめ免責額を決めておくタイプの2種類があります。

 

害額が20万円以上の保証では、修理費用が20万円以上でなければ保険が適用できません。例えば、18万円の修理費用であれば全額自己負担となるのです。ただし、20万円を超えてしまえば全額補償されるため、修理費用が21万円かかった場合は、21万円の保険料が下りることになります。

 

一方、免責額を決めるタイプは、修理費用があらかじめ決めておいた自己負担額を超えたときに、その超過分の金額の保険料が支払われる仕組みです。例えば、自己負担額を5万円に設定し、修理費用が10万円かかった場合、保険料は5万円となります。

 

保険会社によっては補償の下限金額が20万円以下に設定されているところもあれば、自己負担額が少ないところも存在しますので、保険会社によって支払われる保険料はしっかり確認しておく必要があります。

 

火災保険申請で気を付けたいこと

予期せぬ災害時に役立つ火災保険ですが、申請するときにはいくつか気を付けたいことがあります。

 

  • 申請は被害を受けた3年以内にする
  • 火災保険のタイプも把握しておく

 

これらをきちんと把握しておかなければ、思わぬトラブルに遭遇するだけでなく、申請できない可能性もありますので、詳しく確認しておきましょう。

 

申請は被害を受けた3年以内にする

火災保険の申請有効期間は、基本的に被害を受けてから3年以内であることが多く、期間が過ぎれば保険が使えなくなります。反対に3年以内であれば、災害にあった年でなくても申請できるということになります。

 

たまに悪徳業者が急かして保険の申請をさせるようなケースも存在しますが、無理に急ぐことはありませんので、落ち着いて対応するようにしましょう。

 

保険金の支払いには時間がかかるため二次災害に気を付ける

火災保険の申請から保険金の支払いまでには、1ヶ月程度かかります。その支払いを待つ間に二次被害を受ける可能性もあり、最悪の場合修理費用をいくらか自己負担しなければいけません。

 

火災保険は、二次被害に関しては適用されませんので、もし台風シーズンなどで二次被害の恐れがあるときは、先に応急処置だけでもしてもらうことをおすすめします。

 

火災保険給付までの流れ

手続き

火災保険の申請手続きは複雑で時間がかかるため、申請してすぐに保険料が手に入るわけではありません。

 

具体的には、以下の手順を踏む必要があります。

 

  1. 調査依頼をする
  2. 現場で被害状況を確認する
  3. 見積書・報告書の作成
  4. 保険業者による立会い調査
  5. 保険会社から被災認定通知が届く
  6. 保険金が入金されてから当社へ成功報酬のお支払い

 

通常は、保険会社の鑑定人による調査が終わるまで約1週間、保険会社に申請して保険料の振り込みまで約1ヶ月の時間がかかります。そのため、これらの手続きを個人で行うと考えると、大変な労力と時間がかかることも覚悟しておかなければいけません。

 

また、申請に必要な書類は、

 

  1. 保険証券
  2. 損害見積書
  3. 損害状況写真
  4. 保険金請求書
  5. 事故状況説明書

 

などがあり、これらも自分で用意しなければいけません。そう考えると、火災保険の申請は、業者に頼んでしまう方が安心してできるとも考えられます。

 

火災保険申請代行は住まいる隊におまかせください!

先ほどご説明したように、火災保険の申請には専門知識や多くの時間がかかりますので、火災保険の申請代行は、ぜひ住まいる隊におまかせいただければと思います。

 

申請代行は、損保会社への申請自体はあくまでお客様が行いますが、住まいる隊は申請に関するサポートを徹底的に行わせていただきます。そのため、最短3週間と非常にスムーズに保険金を受け取ることも可能です。

 

また、見積もり費用や書類作成費用、現場調査費用も完全無料でご対応させていただきます。さらに、保険料がお客様の口座に入金されたこと確認されてから成功報酬をいただくシステムとなっていますので、安心しておまかせいただけます。

 

まずは当社住まいる隊にお気軽にご相談ください!

 

住まいる隊 火災保険

戸塚区で火災保険を利用したリフォームのことなら住まいる隊におまかせ!

火災保険で負担なくリフォーム

私たちの生活に必要不可欠なマイホーム。

最近の家屋は丈夫に作られていますが、例外なく劣化してしまうのは仕方のないことでもあります。

人の場合、予期せぬ病気やケガに備えて保険があるように、建物の場合でも予期せぬ自然災害による被害には火災保険があります。

そして建物の場合だと修繕以外の選択肢としてリフォームがあります。

自然災害で受けた建物のダメージを、火災保険を使って賢くリフォームしましょう。

ここでは、戸塚区でのリフォーム実績を交え、火災保険の使用場面と利用の流れをご紹介します。

リフォーム

こんなときは火災保険を使いましょう

下記の症状があれば火災保険で対応可能です。

  • 台風で屋根の瓦が吹き飛んだ
  • 突風による飛来物で外壁が破損
  • 豪雨による雨漏り

水災や風災など、火災以外の自然災害でも、火災保険で対応できるのです。

住まいる隊では多くの事例を経験しておりますので「私の場合は火災保険で対応できるの?」と思われた方は、ぜひ一度ご相談ください。

台風

火災保険の利用の流れ

申請代行を使った火災保険の利用の流れも見ていきましょう。

  • お客様からご相談、依頼を受ける
  • 現地調査をして建物の状態を診断
  • 修繕費用のお見積もり
  • 保険会社に提出する書類を作成
  • 申請

必要な書類や保険会社とのやりとりが多く、慣れない作業が多く存在します。

書類に不備が見つかると訂正が必要ですが、その分どうしても時間がかかるため、ご自身で書類を揃えて必要事項の記入をするのはあまり現実的ではありません。

ですので火災保険の申請は専門業者に任せてしまった方が効率がいいのです。

申請

住まいる隊のサービス内容

保険金が支給されなければ負担なし

住まいる隊では現地調査0円、お見積もり0円、書類作成0円であることや、保険金が支給されてからの完全成果報酬だから安心です。

保険金が支給されなければお客様の負担は一切ありませんので、少しでも気になるところがあれば当社にご相談いただき、申請してみることをおすすめします。

24時間対応

住まいる隊では建物の被害は大小問わず一刻を争うことだと考えていますので、24時間対応させていただきます。

お客様の不測の事態にも柔軟に対応できるよう、電話だけでなくメールやLINEでもお問い合わせ可能となっています。

最短3週間で支給

住まいる隊には1級建築士、損害保険鑑定士が在籍しています。

申請のスペシャリストが保険会社とのやりとりをスムーズにこなし、高額な保険金が支給されるまでは最短3週間とスピード対応。

横浜市戸塚区で火災保険を使ってリフォームする

戸塚区で火災保険を使用してリフォームするなら、住まいる隊におまかせください!

ご相談、お問い合わせは当社住まいる隊のお問い合わせ専用ページからお気軽にどうぞ!

住まいる隊 火災保険

都筑区で火災保険を利用した家屋修理は住まいる隊におまかせ!

予期せぬ自然災害による被害は火災保険でカバー

近年自然災害が頻発し、それによる家屋の被害も多くなっています。自然災害は予期できないため、家屋が被害を受けたときは火災保険を活用することで損害を補填しましょう。

火災保険を上手く活用できれば。家屋を修繕してもプラスアルファでリフォームすることもできるのです。

ここでは火災保険の適用範囲と使用のメリットを、都筑区の作業実績を交えてご紹介していきます。

自然災害

火災保険の適用範囲の一例

火災だけでなく下記の原因で家屋に被害を被った場合、補償の対象となります。

  • 突風で雨樋が破損、変形
  • 落雷による被害
  • 豪雨による雨漏り
  • 雹(ひょう)による屋根や外壁のダメージ
  • 積雪の重みで外壁にヒビが入る

火災保険は適用範囲が多岐にわたりますので「この場合はどうなんだろう?」と言う疑問が多く浮かび上がるのではないでしょうか。

ですので「自分のケースでは適用されるのかわからない」という方は、住まいる隊にお問い合わせいただければと思います。

豪雨

火災保険を使うメリット

保険料は常に一定額

火災保険は自動車保険のように等級で金額が設定されていませんので、使っても使わなくても保険料は常に定額です。

何度使っても保険料は変わりませんので、少しの破損でもどんどん利用してしまう方がお得なのです。

代行を使えば負担なし

火災保険の申請代行を使えば、金銭的にも時間的にも負担はありません。

また、建物の修繕内容によっては手元にお金が残ることもあります。

書類

住まいる隊のサービス内容

最短3週間で着金が可能

損害保険鑑定士が在籍しているので、申請から給付までが非常にスムーズ。

最短3週間で保険金がおりた実績もあります。

完全成果報酬でお客様へのリスクなし

仮に保険金がおりなくても、完全成果報酬なのでお客様のマイナス負担はありませんのでご安心ください。

高額給付の実績

住まいる隊には一級建築士が在籍しています。数多くの家屋を診てきたスタッフが隅々までチェックし高額給付をサポート。

最高給付額2000万円の実績もあります。

横浜市都筑区で火災保険を使って家屋を修理する

都筑区で火災保険を使用して家屋を修理するなら、住まいる隊におまかせください!

ご相談、お問い合わせは当社住まいる隊のお問い合わせ専用ページからお気軽にどうぞ!

住まいる隊 火災保険

港南区のアパート・マンション火災保険申請代行なら住まいる隊におまかせ!

「火災保険」を活用すれば修繕やリフォームができる

自然災害による被害は火災保険で補填可能です。

火災保険の適用範囲は広く、火災保険の活用方法を知っている人は、お得にアパートやマンションを修繕できるのはもちろん、プラスアルファの保険金を使ってリフォームも行えます。

ここでは横浜市港南区での実績を交えて、火災保険の適用範囲や申請までの流れについてご紹介していきます。

台風被害

火災保険の適用範囲

「火災保険」という名称ですが、適用範囲は広く、火災以外の自然災害にも適用されます。下記が適用される自然災害の一例です。

  • 落雷による屋根の破損
  • 台風(強風)による飛来物で外壁が破損
  • 雹(ひょう)による被害
  • 積雪の重みで建物が破損
  • 豪雨による雨漏りや浸水

地震や噴火、津波に関しては「地震保険」の適用範囲となりますので注意が必要です。また、火災保険の補償対象は「建物」と「家財」があり、別々に考えます。

適用範囲の判断が難しい場合は、住まいる隊までお問い合わせください。

火災保険

火災保険は使わなければ損!

火災保険は保険期間内であれば何度利用しても保険料が高くなることはありません。

また、自動車保険のような等級制度がないため、保険会社から保険金が支払われた翌年以降も保険料は変わりません。

建物の修理となると金銭的な負担が大きいものですが、火災保険を使えば逆に手元に残る金額が増えることだってあるのです。

火災保険の申請の流れ

火災保険申請

住まいる隊を利用した火災保険の申請の流れです。

当社住まいる隊は業界最速でもありますので、申請してから保険金がおりるまで最短3週間です。

1.現地調査

現地に当社のスタッフがおもむき、被害状況を確認します。

住まいる隊には一級建築士が在籍しており、細かく建物を診断。目視で確認できない被害も見落としません。

2.見積もり

保険会社へ請求する金額の見積もりをお出しします。少しの損傷でも100万円を超える保険金がおりている実績があります。

3.書類作成

火災保険の書類は少しでも不備があればやり直しとなるため、自分でやるとかなりの時間がかかってしまいます。

書類の作成を住まいる隊で代行すれば、お客様の負担はありません。

4.成果報酬のお支払い

無事に保険金が支払われるようになれば、成功報酬をお支払いいただきます。

もしも保険金がおりなければ成功報酬はいただきません。

保険金が支払われることが確実に決定し、お客様の口座に入金されたことを確認して、初めて成功報酬が発生します。

横浜市港南区で火災保険を使って建物を修繕する

港南区で建物が被害に遭われた方は住まいる隊にご相談ください!火災保険を使用して建物を修繕できるようにサポートさせていただきます。

ご相談、お問い合わせは住まいる隊の専用ページからお気軽にどうぞ!

住まいる隊 火災保険

旭区のアパート・マンション火災保険申請代行は住まいる隊におまかせ!

自然災害後は火災保険の申請で修繕・リフォームを!

アパートやマンションを所有していれば必ず加入している火災保険。適用範囲は火災だけではありません。

自然災害により被った被害は火災保険で修繕可能です。上手く活用したら、修繕だけでなくリフォームもできてしまうのです。

横浜市旭区での実績を交えて、火災保険を使うメリットと火災保険の適用範囲を紹介します。

修繕

火災保険を使うメリット

火災保険は使わなければ損

火災保険は等級制ではないので、使ったからといって以降に支払う保険料の金額は変わりません。もちろん自然災害で被害を被るたびに使用可能です。

金銭的負担がない

家屋の修理にはお金がかかるもの。火災保険を使えば、保険金で修繕できるのです。

一見ちょっとした破損であっても、保険金の申請をしたら100万円の保険金が入金された、ということもよくあります。

時間の負担が少ない

火災保険は頻繁に使用するものではありません。

必要な書類を揃えたり、慣れない作業もあります。書類に不備があると申請は却下され、再度やり直しの手間もかかります。

しかし火災保険の申請代行を使えばすべてお任せできますので、手間と時間が節約可能。

火災保険

火災保険の適用範囲の一例

火災だけではない火災保険の適用範囲。下記のような症状があれば火災保険を使用して修繕をプロに依頼しましょう。

  • 台風による建物の破損
  • 雹(ひょう)による被害
  • 積雪による重みで建物に亀裂が発生
  • 豪雨による雨漏り

予測できない自然災害で適用されます。

「こんなケースはどうなの?」と火災保険の適用範囲を知りたい方は、当社住まいる隊までお問い合わせください。

住まいる隊のサービス内容

サービス

損害保険鑑定士が在籍、保険金給付まで最短3週間

災害後は早急に資金が必要です。そんなお客様のニーズにお答えするため、住まいる隊には損害保険鑑定士が在籍しています。

スピーディーな現地調査、見積もり、申請が可能。

保険会社とのスムーズなやりとりで保険金の給付まで最短3週間という実績がございます。

安心の完全成果報酬型

住まいる隊では、もしも保険金が給付されなければ報酬はいただきませんので、お客様へ直接高額請求することは一切ありません。

また、現地調査から保険会社への書類の申請までを一貫して無料で行っております。

一級建築士在籍、高額給付が可能

多数の実績がある一級建築士が在籍しておりますので、目に見えるところ以外もしっかりと調査します。

住まいる隊自慢のプロスタッフがすべてをチェックし、最大限の保険金の給付が可能です。

横浜市旭区で火災保険を使って建物を修理する

旭区で火災保険を使用して建物の雨樋や屋根を修繕するなら、住まいる隊におまかせください。

ご相談、お問い合わせはお問い合わせ専用ページからお気軽にどうぞ!

住まいる隊 火災保険

青葉区で火災保険を利用した家屋修理は住まいる隊におまかせ!

火災保険を使って負担なく家屋の修理

マイホームは自分と家族にとって安心安全な場所ですが、天災や災害による予期せぬ被害が起こることもあります。

通常、家屋の修理には高額な料金がかかります。また、修理業者の比較検討もあるため、即断即決は難しいでしょう。

火災保険を使えば、そんな悩みも解決可能。火災以外でも保険が適用されることがあるのです。知っている人は火災保険を使って、お得に建物を修理しています。

ここでは、火災保険を使って家屋の修理をする方法とおすすめのご利用方法を、青葉区の作業実績を交えてご紹介していきます。

火災保険を利用して家屋の修理ができる

こんなときはプロに依頼

下記のような症状があれば、火災保険を使用しての修理をプロに依頼しましょう。

  • 突風による飛来物で外壁が欠けた
  • 雨樋の変形、破損
  • 雨漏りの発生
  • 屋根が剥がれた、破損した

などなど、対応できるケースは多岐に渡ります。

「自分の家は火災保険の適用対象になるの?」と思われた方は、ぜひ一度当店にご連絡いただければと思います。

利用の流れを紹介

住まいる隊で火災保険を使って家屋の修理をするまでの流れは、以下の通りとなります。

  • 依頼、お問い合わせの連絡
  • 現地調査、建物の診断
  • お見積もり
  • 保険会社へ提出する書類を作成
  • 申請

住まいる隊では電話だけでなく、LINEやメールを使用しての依頼や相談も可能です。

住まいる隊のサービス内容

家 修理

保険金が支給されなければ費用なし

住まいる隊は完全成果報酬主義です。もしも保険金の支給がされなかった場合、お客様の負担はありません。

また、現地調査の依頼から保険会社への書類の申請まで一貫して無料で行っております。

保険金が給付されてから成功報酬をいただいております。建物の修理は保険の適用範囲内で行いますので、お客様の負担はありません。

24時間、年中無休で対応

自然災害は待ったなし。そのため住まいる隊では、24時間・年中無休で対応しております。

お客様のライフスタイルに合わせてご利用いただけます。

スピード重視!3週間で保険金給付

建物の不具合は大小問わず、一刻を争うと考えています。

ですので、住まいる隊ではスピード重視で現地調査から書類の申請までを行っております。最短で3週間での保険金の給付が可能です。

横浜市青葉区で火災保険を使って建物を修理する

青葉区で火災保険を使用して建物の雨樋や屋根などを修理するなら、住まいる隊におまかせください!

ご相談、お問い合わせはお問い合わせ専用ページからお気軽にどうぞ!

住まいる隊 火災保険

お見積もり、出張費用、車両料金、追加料金、全て0円

LINEでのご相談 友達追加はコチラ メールでのお見積もり お見積もりはコチラ 相談だけでもお気軽にお電話ください。TEL
無料査定